滲出性中耳炎とは?

痛くないのですが、聞こえの悪くなる中耳炎です。特に就学前のお子さんに多く見られます。鼻炎、副鼻腔炎、アデノイド増殖症などがあるとなりやすいです。治療は、鼻をきれいにするため、お薬を飲んだり、鼻の治療をしたりします。鼓膜を切開してチューブを入れることもあります。

正常な鼓膜と中耳

耳は外耳、中耳、内耳に分けられます。中耳は鼓膜の内側にある空間で、耳小骨の入っている鼓室(こしつ)という部屋と、耳管という上咽頭(鼻と咽との境目)に通じる管などから成ります。
鼓膜に伝わった空気の振動(音)を内耳に伝えるのが、中耳の役割です。
鼓膜は半透明の膜ですから、診察で外耳道側から覗き込むと鼓室の様子がわかるのですが、正常な鼓室は空気で満たされています。正常な鼓膜

滲出性中耳炎では

鼓室の中の空気が少なくなりますから、鼓膜が凹みます。また、鼓室には滲出液が貯まってきます。滲出液は黄色のことが多く鼓膜も正常に比べて、黄色みがかった暗い色へと変化します。滲出性中耳炎の鼓膜

症状は?

鼓膜が凹むことと、鼓室に滲出液が貯まることにより聞こえが悪くなります。これは、鼓室の中身が空気から滲出液に置き換わることにより、鼓膜や耳小骨が動きにくくなり、鼓膜の振動がうまく内耳に伝わらなくなるからなのです。難聴の程度は、人の話が少し聞き取りづらくなるぐらいですが、耳のつまった感じも伴います。
風邪を引く度に、急性中耳炎を合併して耳が痛くなることもあります。

原因は?

急性鼻炎や副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、アデノイド増殖症などによって、耳管が炎症を起こしたり、塞がってしまうことで、鼓室に空気が入らなくなったり、中耳の粘膜が炎症を起こしたりすることにより滲出液が貯まります。同時に貯まった滲出液の排泄も滞ります。咽頭側面図

必要な検査

聴力検査

どれぐらい小さい音まで聞こえるかを、オージオメーターという機械を使って測定します。

ティンパノメトリー

鼓膜の響きやすさを測定します。鼓膜にかかる圧力を変化させることにより、鼓膜が凹んでいるのかどうかも分かります。

治療は?

鼻炎や副鼻腔炎が原因となっている場合は、その治療をします。具体的には鼻の吸引、ネブライザーを外来で行います。抗アレルギー剤(ジルテック、オノンなど)、粘液溶解剤(ムコダイン)、マクロライド系の抗菌剤(クラリシッド)などの内服治療も行います。
子どもの滲出性中耳炎では、鼻の状態が良くなるにつれて治ることも多いですから、まずは鼻の治療などで2〜3ヶ月様子を見ます。
それで良くならない場合には、鼓膜チューブ留置術などを行います。これは当院の外来で局所麻酔だけでできる場合もありますが、もし恐怖心などでじっとしていられない場合には、病院で全身麻酔で受けていただきます。この場合はたいてい2泊3日程度の入院も必要になります。
大人で、耳閉感などの不快感が強い場合や難聴がある場合には、鼓膜切開術や鼓膜チューブ留置術などを早めに行う場合もあります。

チュービング

治療期間は?

小さいお子さんで、しかも貯まっている滲出液が多い場合などは、数ヶ月から数年かかることもあります。その間、鼻汁が多いなどの症状があれば、通院も週1度以上必要なこともありますが、落ち着いていれば月1回程度の経過観察のみで良い場合もあります。

合併症は?

真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎など、治りにくい中耳炎を続発することがあります。

日常注意する点は?

鼻を片側ずつ丁寧にかむようにして、すすらない様に気を付けましょう。水泳はあまり鼻が多い時を除いては問題ありません。