耳のしくみと聞こえ

耳というのは大ざっぱには、外耳、中耳、内耳に分けられますが、それぞれしくみについて説明します。

ナレーションつきスライドショームビーはこちらから。

外耳

まずは外耳ですが、外に見えている部分が耳介といい、耳の穴である外耳孔、そこから鼓膜までトンネル状に続く外耳道などからなります。
外耳の働きは、耳の奥の重要な器官である中耳や内耳を守ることと、音を耳介で集めて、外耳孔から外耳道、鼓膜へと導くことにあります。外耳

 

中耳

中耳は、鼓膜、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨と三つの耳小骨。それらを入れるスペースである鼓室、鼓室と上咽頭を結ぶ通気口である耳管などからなります。
中耳の働きは外耳道に入ってきた音の振動を、鼓膜で受け止めて、耳小骨で増幅しながら、さらに奥にある内耳へと伝えていくことです。中耳

 

内耳

耳の構造のうち、最も奥にあるのが内耳です。
内耳は複雑な形をした管が合わさった構造をしていて、側頭骨の中にあります。
音を感じるための蝸牛、前後や上下方向の加速度センサーである耳石器、頭の回転する方向を知るための加速度センサーである半規管、それから蝸牛、耳石器、半規管からの情報を脳に伝えるための聴神経があります。内耳

 

内耳では、鼓膜、耳小骨と伝わってきた音の振動のエネルギーを神経の活動電位に変換されます。
アブミ骨の底が振動すると、蝸牛の中のリンパ液が振動します。蝸牛は音の周波数毎に特に反応しやすい部分が決まっていて、そこで活動電位が起こり蝸牛神経へと伝わっていきます。音の伝わるしくみ