耳鳴りがする・耳鳴・頭が鳴る

概要

自分にしか聞こえない耳鳴が自覚的耳鳴で、他人にも聞くことの出来る耳鳴が他覚的耳鳴です。他人にも聞こえるといっても、ごく小さい音が出るだけですので、オトスコープというゴム管を、医者と患者が片側ずつお互いの耳に入れることにより、何とか聞こえるレベルです。原因は耳の周りの、筋肉の痙攣や血管の雑音など、聴覚に直接関係ない部位の異常なので、通常 難聴は伴いません。
それに対して、自分にしか聞こえない耳鳴は自覚的耳鳴といい、耳鳴のほとんどを占めます。難聴を伴うもの、伴わないもの(無難聴性耳鳴といいます)、いずれもあります。
耳鳴の治療は原因になっている疾患を治療するのがまずは先決ですが、聴力に変動がなくて耳鳴だけが続くときには、耳鳴りそのものが治療の対象となります。

診察

問診で耳鳴りの程度、難聴やめまいを伴うのか、生活へ支障が及んでいる程度などを確かめます。
視診では耳の中、特に外耳道や鼓膜の様子をよく確かめます。

検査

聴力検査は必須です。難聴があればその治療が優先されるからです。
耳鳴りの音質や大きさを客観的に測る耳鳴検査というものもありますが、最近では以前ほどには重んじられなくなりました。客観的な耳鳴の程度を知るよりも、患者さん本人が耳鳴をどれほどのものと感じているかという主観的な程度の方が重要と考えるようになってきているのです。それは治療の目標が耳鳴そのものを止めることよりも、耳鳴があっても意識に上ってこないように自分をコントロール出来るようにすることに、治療の目標が違ってきているためでもあります。
ということで今日の耳鳴診療では、耳鳴の程度を測る指標としては、THI ( tinnitus handicap inventory )という問診表を使って、耳鳴による生活への支障の程度をスコア化したものを重要視して、耳鳴の重症度や治療効果の判定に使っています。

耳鳴の原因となりうる疾患

難聴を来す疾患全て。その他、難聴がなくても耳鳴の起こることはしばしばありますし、原因となっている耳の疾患が落ち着いてからも、耳鳴だけが残ることもあります。耳以外の病気でも、うつ病などではしばしば耳鳴が起きます。

治療

耳鳴の原因となっている基礎疾患があれば、まずはその治療を優先して行います。原因のはっきりしない耳鳴、基礎疾患が治ってからもなお耳鳴のみが続く時には、耳鳴そのものが治療の対象となります。
耳鳴の治療には、まず耳鳴に対する過度の心配を取り除くのが第一歩です。
さらに中等症以上では、音響療法を行います。これは簡単に言えば静寂を避けることです。
耳鳴の日常生活への支障のレベルが強い時、つまり重症の耳鳴では、さらに専門的はカウンセリングや時には抗うつ剤などが必要になります。