耳だれが出る・耳から汁の様なものが出る・耳から膿が出る

概要

耳から何かしら液体が出てくるものときは、耳の中のどこかが化膿していると考えます。時に湿型の耳垢のことを「耳だれ」という人もありますが、これは正確には「耳だれ」ではありません。

診察

問診では「カゼをひいていなかったか」、「耳だれは初めてなのか繰り返しているのか」、「痛みを伴っているか」、「聞こえは悪くないか」などを確かめます。
耳の中を顕微鏡でよく観察、耳だれがどこから流れてくるのかを調べます。耳だれを吸引してから、外耳道や鼓膜の状態をよく診ます。

検査

耳漏を綿棒で採取して、培養検査を行います。培養検査は結果が出るまで数日かかりますが、病原菌の種類とどの抗菌剤が効きやすいかがわかります。中耳炎があれば、聴力検査や耳のレントゲン検査を行います。
考えられる疾患
急性中耳炎慢性中耳炎真珠腫性中耳炎外耳炎、外耳湿疹など。

治療

耳だれを吸引したり綿棒で拭き取ったりして、よく清掃します。抗菌薬の内服や耳浴液で細菌の増殖を抑えていきます。急性中耳炎では、鼻炎や副鼻腔炎が原因となっていますので、鼻汁もよく吸引して、ネブライザー療法なども行います。
慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎では手術をした方が良い場合も多く、その際には適切な病院をご紹介いたします。